金券など自粛要請 ふるさと納税

<総務省は1日、商品券や家電などをふるさと納税の特典にしないように各自治体に通知した。これを受け、金 券を特典にしている群馬県内自治体に戸惑いが広がった。みなかみ町が「慎重に検討する」とする一方、通知 に拘束力はないため、金券で寄付を大幅に伸ばした草津町や中之条町などは金券の贈呈を続ける方針だ>

地方自治の活性化のため始まったふるさと納税、そしてその返礼としての特産品や金券の送付、何が問題なの

だろう。特に、観光地など特産品と呼ばれるものがない自治体では、その地方で使える金券などを発行するのは

しょうがないことである。返礼金が納税額を上まることは、ありえない話で、各自治体が知恵を絞って競争するの

も良いことである。国は思ったよりも地方に納税されているのが面白くないのではないか。それにしても、地方自

治の侵害
である。国が直接税金を掌握し、そのお金を裏付けとして、権力をふるう、中央集権国家にしたいと考

えているとしか思えない。

"金券など自粛要請 ふるさと納税" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント