F1ブラジルGP

強い雨の中行われたブラジルGPはスピンする車が多く、リタイアが6台、セーフティーカー、赤旗と波乱の展開でしたが、そんな中、ハミルトンが意地のポールツーウィン。ロズベルグが2位で差を12ポイントに、縮められましたが、次回最終戦(11月27日アブダビGP)で3位以上であれば年間タイトルをつかむ所まできました。アロンソはスピンもあり、一時は最後尾までさがりましたが、その後の頑張りで10位ポイント1を獲得しました。

順位 ドライバー        チーム       ポイント
 1  ハミルトン        メルセデス     355
 2  ロズベルグ       メルセデス     367
 3  フェルスタッペン    レッドブル      192
 4  ペレス         フォースインディア   97
 5  ベッテル         フェラーリ      197
 6  サインツ         トロロッソ       46
 7  ヒュルケンベルグ  フォースインディア   66
 8  リカルド         レッドブル      246
 9  ナスル         ザウバー         2
10  アロンソ         マクラーレン     53

コンストラクターズポイントは上位陣はほぼ決まりですが中団以下は、まだ順位の変動の可能性があります。

順位 チーム          ポイント
 1  メルセデス        722
 2  レッドブル         446
 3  フェラーリ         375
 4  フォースインディア   163
 5  ウィリアムズ       136
 6  マクラーレン        75
 7  トロロッソ          63
 8  ハース            29
 9  ルノー             8
10  ザウバー           2
11  マノー             1

トランプの大逆転のように、何かが起こるのか、やはり、F1は見逃せません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック