タイへ5年間で8000億円支援

<安倍晋三首相は2日、東京・元赤坂の迎賓館でミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相と会談した。首相は共同記者発表で「基本的価値を共有するミャンマーの取り組みを全面的に支援する」と述べ、5年間で官民合わせて8000億円規模の支援を行うと表明した。ミャンマー国軍と少数民族武装勢力の和平を後押しするため、このうち約400億円を少数民族地域への支援に充てる。>

このところの安倍首相の暴走には目に余るものがある。アフリカへの支援、アジアへの支援、近いうちにはロシアへの支援とバラマキもいい加減にしてほしい。国連に対してはPKOの駆けつけ警護を認め、自衛隊を死地に直面させている。日本を犠牲にして、世界には八方美人で良い顔を見せている。日本の国内問題は何も解決せず、お金がないと言いながら、この始末だ。海外でばら撒くお金を年金の補助に使えば、若い人の負担は減り、年金破綻はあり得ないと言う安心感から、消費も増え経済も上向くだろう。
絶対多数と言う慢心から、国内は大丈夫と軽視しているとしか思えない。これで総裁任期を延長すれば、日本はどうなってしまうのか、心配でならない。援助を受ける海外の国々も、決して日本の首相が偉大だとは思わないだろう。お金をばらまくだけの日本を本当の友好国とは思わない。本心では反発さえ覚えるのではないか。

国内問題の方がもっと切迫している。それが分からないのであれば、日本の首相をやっている資格はない! 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック