F1ハンガリーGP

予選結果
順位 ドライバー         チーム          タイム
 1   N.ロズベルグ      メルセデスAMG     1:19.965
 2   L.ハミルトン       メルセデスAMG     1:20.108
 3   D.リカルド         レッドブル         1:20.280
 4   M.フェルスタッペン   レッドブル         1:20.557
 5   S.ベッテル        フェラーリ         1:20.874
 6   C.サインツ        トロ・ロッソ        1:21.131
 7   F.アロンソ        マクラーレン       1:21.211
 8   J.バトン          マクラーレン       1:21.597
 9   N.ヒュルケンベルグ   フォース・インディア  1:21.823
10   V.ボッタス        ウィリアムズ       1:22.182

11位グロージャン、12位クビアト、13位ペレス、14位ライコネンと油断できないドライバーが続いています。
メルセデスの2人の争い、レッドブルの追撃、中団のポイント争いと目の離せないレースとなりそうです。

スタート  ハミルトンが好スタート首位を奪いました。ロズベルグ、リカルド、フェルスタッペン、ベッテルの順です
4週目   アロンソが6位に上がっています、バトンは8位変わらずです
8週目   バトンがピットイン、タイヤ交換のようです
11週目  バトンはトラブルがあったようで、最後尾まで順位を下げています
実況中断失礼しました、このサーキットは70週で完走です
45週目  ハミルトン、ロズベルグ、リカルド、ライコネン、ベッテル、6位をアロンソが走行中です
47週目  6位フェルスタッペン、アロンソが7位、サインツ、ボタスと続いています
54週目  バトンは19位を走っています
64週目  5位フェルスタッペンにライコネンがアタックしています
       バトンはいつの間にかリタイヤしていました
ゴール   ハミルトン、ロズベルグ、リカルド、ベッテル、フェルスタッペン、ライコネンに続きアロンソ7位です

これで、初めてハミルトンがポイントリーダーになりました。ただその差は6、1回のレースでぎゃくてんされるものです。全21戦の11戦目折り返し地点を過ぎて後半戦ますます目が離せなくなりました。マクラーレンも予選で早いだけではないことをアロンソの7位フィニッシュで証明しました。(アロンソの前はメルセデス、レッドブル、フェラーリの3チーム、2台づつだけです)バトンのトラブルが無ければと次戦以降に期待が持てます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック