イチロー、敵地3連戦で触れた粋な計らいに「一生忘れない」と感動

<15日(同16日)のシリーズ初戦、場内アナウンスで「代打イチロー」が告げられると、敵地は自然と沸いたスタンディングオベーションに包まれた。そして、メジャー30人目の3000本の金字塔に近づくレジェンドへのファンの喝采の時間を少しでも長くするために、捕手ヤディアー・モリーナはプレートの前のゴミを払うようなしぐさを見せながら、ゆっくりと持ち場に戻った。メジャー屈指の名捕手モリーナが見せた、イチローへの敬意に溢れる粋な計らいは、米メディアからも絶賛された。

 翌16日(日本時間17日)の2戦目も先発アダム・ウェインライトがイチローへの尊敬の念を示した。観客からスタンディングオベーションを受ける背番号「51」のために、あえてプレートを外してマウンド後方に立ち、観衆から惜しみない拍手を引き出した。

 3戦目となるこの日も喝采を浴びたイチローは、ファン、モリーナ、そして相手エースによるスタジアム一体の華麗な演出に胸打たれたようだ。

 この日は4打数3安打1四球1得点の大活躍で、打率は.347に上昇。42歳ベテランの活躍もあり、マーリンズは6-3で勝利し、プレーオフの常連・強豪カージナルとの3連戦で2勝を挙げることができた。>

イチローに対するリスペクトと野球に対する愛を感じた。勝ち負け、敵味方、それを超える何かがスポーツにはある。こういうファンの前でなら、いつまでもプレーしたいとイチローが思うのも当然だ。そして、こういう環境を自分一人で作りあげてしまった、イチローの偉大さには驚くしかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック