住宅ローン金利アップ日銀の誤算

<大手銀行は3月31日に4月適用分の住宅ローン金利の一部を引き上げると発表しました。 三菱東京UFJ銀行 や三井住友銀行は10年固定型で最優遇金利を0.10%引き上げて年0.90%、みずほ銀行とりそな銀行は0.05%上  げて年0.85%としました。>

<日本銀行は1月29日の金融政策決定会合において「マイナス金利付き量的・質的緩和」を決定しました。日銀 当座預金の一部へのマイナス0.1%の適用は2月16日にスタートしたのですが、その翌々日の18日の参院財政 金融委員会に出席した黒田日銀総裁は、マイナス金利を導入している欧州では金融機関がコスト転嫁のため 住宅ローンの金利を引き上げる動きがあるが、日本では「住宅ローン金利の引き上げが起きることはなかなか 考えられない」と述べています>

マイナス金利になれば、銀行は預かっているお金を誰かに貸すために、借りやすいように金利を下げるだろうと

考えたのです。素人の考えでしたね。まさに官僚のしたり顔で自信満々の黒田日銀総裁の見込み違いでした。

反対の意見もあったのに、仲間の委員の数で押し切った結果がこれです。自分が正しいと過信し、無理やり持

論を押し通すとこういうことになります。その上自尊心が強いので、なかなか方針を変えられず、傷を深くします。

他人の意見を聞かない自民党総裁も他山の石として気を付けてほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック