トクホ 誇大表示違反ライオン

<「薬に頼らずに食生活で血圧の対策をしたい」「驚きの血圧低下作用」-。病院で薬を処方してもらったりしなくも、ライオンの特定保健用食品(トクホ)を飲むだけで高血圧が改善するかのような広告表示をしたとして、消費者庁が健康増進法(誇大表示禁止)違反で、同社に再発防止などの勧告を求めた。トクホ商品の広告をめぐる初めての勧告で話題になったが、背景を探ると、6000億超のトクホ市場に約200社がしのぎを削る熾烈なシェア争いが浮かんでくる。>
<消費者庁は今月1日、高血圧の改善には薬による治療などが不可欠なのに、広告を見た消費者が飲料を飲  むだけで、高血圧が改善する効果があるような誤解をする可能性があると判断し、再発防止などの勧告に踏  み切った。>
<誇大広告問題はライオンに限ったことではない。内閣府消費者委員会の「特定保健用食品等の在り方に関す
 る専門調査会」の議論では、トクホ商品の広告などで「脂肪の吸収を抑える」「食後の血糖値の上昇を抑える」 と「断言調」のキャッチコピーで、消費者に暗にトクホの摂取だけで、健康改善に高い効果を期待できるかのように誤認させる、許可表示範囲ギリギリの表現を用いた広告は少なくない。> 産経新聞

高齢者が増え、健康を気にする人たちが増えています。付け入るように健康食品の宣伝は過当競争なくらい目

につきます。しかし、本当に効くのなら、薬として採用されるはずです。効くといっても、体験談ばかり。「効果は使

用者によっては差があります」では本当に効いているのか信用できません。日ごろから健康に注意していれば、

その他の要因でいい結果が出るかもしれません。プラシーボ効果の可能性もあります。そんなあやふやな物

に高いお金を払ってはいけません。高いのは宣伝費用がかかっているからです。消費者が良い方に誤解する、

あるいは誤解しやすい宣伝には気をつけましょう。特に高額な健康食品は、効き目があるから高いと錯覚させて

いるとしか思えません。

(注)プラシーボ効果 
<偽薬効果(ぎやくこうか)、プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬を処方しても、薬だ と信じ込む事によって  何らかの改善がみられる事を言う。この改善は自覚症状に留まら ず、客観的に測定可能な状態の改善とし て現われることもある> by Wikipedia

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック