国と県が生活保護費でパチンコ許可

何日か前に、九州の弁護士団体から「パチンコをしている人への生活保護給付を停止してはならない」という問

題提起があった。何、馬鹿なことを言ってるんだろうと思った。ところが、もっと馬鹿なことが起きている。

<生活保護受給者がパチンコなどをした場合、給付の一部を停止してきた大分県別府、中津の両市が、国と県

 から「不適切」とする指摘を受け、来年度から停止措置を行わない方針であることが16日、分かった。受給者

 がパチンコなどをすることを直接禁止する規定はなく、厚生労働省は「法的根拠がない」としている。ただ、納税

 者からは「受給者が浪費するのは疑問」という声も上がっており、今後、波紋が広がりそうだ。>

国と県が素早い対応で、これを認めたのだ。真面目に職務を果たしてきた市の職員は呆れて、やる気を無くすだ

ろう。県と国から言われたら、逆らえない。それにしても、国がこんなにも早く動くことができるなんて、びっくりだ。

パチンコ業界と打ち合わせ済だったのではと、勘ぐってしまう。(弁護士も含め)

パチンコは1時間で万単位のお金を使うギャンブルである。その上両替と言うグレーなシステムが存在している。

生活保護費をもらってなくても生活保護受給者より切り詰めた生活をしている人たちはたくさんいる。真面目に仕

事をして税金を払っている人もたくさんいる。パチンコができる余裕のある人は受給を辞退してほしい。厚生労働

大臣塩崎さん何とかならないの! 正直者が馬鹿を見る社会になったら、みんな無気力になり、日本は終わって

しまう。規定になかったら改正を、憲法改正より全然簡単にできる。「生活保護費でパチンコをしよう」なんて間違

ってる!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック