重力波の初検出

アインシュタインはすごい、すご過ぎて説明できない^^; それでも、このニュースを取り上げないわけにはいか

ない。重力波はアインシュタインの最後の宿題と言われていた。


<重力波は重い天体同士が合体するなど激しく動いた際、その重力の影響で周囲の空間にゆがみが生じ、さざ

波のように遠くまでゆがみが伝わっていく現象。アインシュタインが1916年、一般相対性理論でその存在を示し

たが、地球に届く空間のゆがみは極めて微弱なため検出が難しく、物理学上の大きな課題になっていた。>


<重力波の観測装置を望遠鏡として使えば、光さえのみ込んでしまうブラックホールなど、光や電波では見えな

い天体を直接とらえることができる。また、重力波は減衰せずに遠くまで伝わる性質があるため、はるか遠くを探

ることで宇宙誕生の謎に迫れると期待されており、宇宙の研究に飛躍的な進展をもたらす。>


アインシュタインは百年も前に理論のみの構築で現代の物理学の全ての基礎となるものを作り上げた。数式は

高校生でも解ける程度の易しいものだが、一般相対性理論は全てのことを説明できるもので、確認されていない

ことまで、予測していた。少しづつ検証が進み、今ではその理論が正しいことはほぼ間違いないところまできてい

る。もう少し長生きしたら統一場理論も完成したかもしれない。理解はできなくても読みたかった。本当の本当の

天才はあなたしかいない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック