人が通り抜けられる空中ディスプレイ

SF映画などで空中にコンピュータ画面を出して操作する場面をよく見ますが、夢ではなくなってきました。

昨日のニュースですが、こういう話題はウキウキします。ぜひとも、日本が最初に実用化してほしいです。


<三菱電機の先端技術総合研究所は2月17日、何もない場所に対角約56インチの映像が現れる「空中ディスプ

レイ」技術を発表した。デジタルサイネージやアミューズメント用途、案内標識など公共サインの分野に向けて開

発を進め、2020年度以降の実用化を目指す。>


(注1)デジタル・サイネージ(英: Digital Signage=電子看板)とは、表示と通信にデジタル 技術を活用して平面

    ディスプレイやプロジェクタなどによって映像や情報を表示する広告 媒体である。

(注2)「アミューズメント」とは - 原義:amusement 和訳:娯楽 用例:アミューズメント施設(遊園 地・ボウリング場
   
    など) 用例:アミューズメント・パーク(レジャー施設とほぼ同義)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック